« 七月の光 | トップページ | 【お知らせ】8月28日、NHK教育「ETVワイド」に出ます »

2010年8月 9日 (月)

心の風景


 Dsc00544_2 初めて一眼レフカメラを買った。今まで写真は好きで、買わなかったのは不思議。いや、一度中古を買ったことはあるのだけれど、なにせ紙の管理というのが苦手で、結局デジタルの一眼レフが発達するまで待ってしまった。
 とはいえデジタル一眼が賢くなっても、私はまだ手を出さなかった。理由は、大きいから。「この大きさは、私は持って出かけない」という直感みたいなものがあった。私にとって何より大事なのは機動性で、思い立ったとき出かける(そのとき動けないと動かないというのは腰の重さの裏返し)、あるいは「今日は光が良くて、光ハンティングに行きたい!」みたいにどうしようもなく思うとき、ママたちをターゲットにしたらしきキャノンEOS Kissでも心理的に大きく感じてきた。そう、Kiss購入を検討したこと、あるんだけど。

 したっけある日見たソニーのCMに目が釘付けじゃんか! 浅野忠信が屋久島を歩いていて、ファインダーの中に一本の木をとらえる。屋久島は雨の森の島で、まあ、視界のすべては緑したたる森なんだ。そこで一本の木をとらえ、ピントを合わせていくにつれ、背景がぼやっと溶けてゆく。そこでコピー「背景がぼけると、心が動く」
 そう! これこれ! これがやりたかった! テレビの前で、叫ぶ私。
 一眼レフに私が望むものは多くはなかった。「背景をぼかす」! これはバカチョンと呼ばれるコンパクトでは出来ない。こ、これだーっ! 頭ん中で鐘が鳴る。
 専門用語ではこれは「被写界深度」という。だがそんなことはどうでもいい。私は背景をぼかしたいだけっ! 背景溶けてりゃうれしいっ!  ソニーでかした! カメラメーカーではないので、へたれなユーザーの声をキャッチできたのかもしれない。こういうのは、大事なことではないかと思う。

というわけで、とはいえケーズ電気で店員さん二人、メーカーから派遣されてきた人とお店の人とをつかまえてのべ三時間くらい質問したのだが、ソニーのデジタルカメラが私の新しいおともだちとなった。かくなるうえはキャプテン翼にサッカーボールが友達であるくらい、友達になろう。
 そして毎日いじって遊んでいるのだが、Dsc00555やっぱり面白い。うきうきする。バックパックに詰めても、心理的物理的にあまり負担にならない。だから普通に出かける時に持って行ったりする。
 ある日、家で育てているハイビスカスのヒヤシンス(ハイビスカスに、つけた名前が「ヒヤシンス」。家の人がハイビスカスをヒヤシンスと言ってしまうので。私はなぜかローマ神話のヒヤシンスの話が好きだが、フリスビーみたいな輪っかにぶつかって命を落とす美少年の神話が、なぜ好きなのか、自分でもよく理解できない。そしてその涙だか血だかから生まれた花がヒヤシンスでござる)、そうハイビスカスのヒヤシンス君にカメラを向けているとき、ふと、気づいた。
 背景がぼけるというのは、正確ではない。遠くにフォーカスをロックすると、近くがぼけるものね。
 正確には、「意識を向けたところ以外を、ぼんやりさせることができる」
 これって、「劣った眼」みたいだなあ。
 肉眼として考えたとき、いいのは、どの距離にも簡単にピントが合っている状態。そうでないと、近眼だったり、老眼だったり、両方だったり、ある距離に見合ったピントのあわせ方を、いちいち仕切りなおさなければいけなくなる。私は近眼だが、ためしに裸眼でピントが合う至近にものを置き、そうしてよく見ると風景は「背景がぼけて」いて、絶妙に一眼レフっぽい絵なのである。そしてそんなことに、日々気づかずにすごしていた。ただ、目が悪いのは不便だなあと思いつつ。
 肉眼として考えたときどちらが優れているかといえば、バカだのチョンだの言われているコンパクトカメラの見え方をする眼。
 音感でも似た話を聞いたことがある。人はよく絶対音感を天才肌の証のようにもてはやすけれど、周波数に物理対応する絶対音感は実は原始的な耳なのであって、調がちがっても「音の並びが同じ」と感じ取れる「相対音感」のほうが実はすごいという。これを言ったのはたしか養老孟司であるが、養老孟司の本は対談も含めて読みすぎて、どの本だか忘れてしまった。
 肉体としては劣った機能であるようなことを、「より美しい」と人が感動できたりするのは、面白いことだ。
 それは、心の風景なんだろう。

 

« 七月の光 | トップページ | 【お知らせ】8月28日、NHK教育「ETVワイド」に出ます »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562405/49108604

この記事へのトラックバック一覧です: 心の風景:

« 七月の光 | トップページ | 【お知らせ】8月28日、NHK教育「ETVワイド」に出ます »