« 年賀状 | トップページ | 恩寵2 »

2012年1月 4日 (水)

新年のご挨拶とお雑煮と

あけましておめでとうございます。

今年はこのブログを頻繁に更新したいと思います。
どうぞよろしくおつきあいください。

お正月、何をしなくてもお雑煮だけはつくります。
細胞の記憶のように、お雑煮をつくってしまいます。記憶喪失になっても作るのではと思うほど、お雑煮だけは、大晦日から元日になると体がそわそわしてつくり出します。
母親がつくったようにつくりますが、母親がつくったもののほうが、美味しいといつも思うのは、誰にとってもなのかもしれません。

私は東京の杉並の出身で、鶏がらベースのお醤油味、澄んだ薄茶色のスープ。具はあっさりと、小松菜、鶏肉、三つ葉、お餅は角、好みで柚子の皮をトッピング、といったところです。
鶏がらの澄んだスープは、東京っ子好みの味なのか、東京ラーメンと呼ばれるもの、たとえば私が育ったのと同じ区の有名な(一部でかもしれないけど)荻窪ラーメンなども、あっさりと澄んだ鶏がらがベースです。

鶏がらは、「もっとだしが出るのに、もったいない」というところで引き上げないと、まずくなる。そこが、なんとなしに、江戸っ子の末裔好みかなと思います。

中学生ころまで、1月15日くらいまでは朝にお雑煮を食べていたほど、私は自分の家のお雑煮が好きでした。
そんなに好きなので今年、いろいろな人に、生まれ育った土地のお雑煮をきいてみました。
これが実に多種多様です!
ベースが私の家と同じでこれに焼のりを手でもみかつお節と一緒に入れる(ちょっと海に近い地域)、アゴ(とびうお)だしにブリ、すまし汁に蒲鉾、餅も角餅、丸餅の別があり、最高にエキゾチックなのは白味噌に餡入り餅というもの、すまし汁に具がどっさり入っていくらまで入っているもの、などなど、本当にヴァリエーション豊富でした。

お雑煮は「雑煮」というその名が示す通り、その地域でとれる多様なものを、汁というひと椀の中に合わせて、新年に食すという文化なのだと、人々にきいてみて、わかりました。
多種多様でありながら、ひと椀の汁ものに統合する、という作法が共通しているのも、見事です。

日本は多様性の国なのだと感じました。
雑多と言えるほどに多様でありながら、底に統一性が流れています。

そういうことは、忘れられているけれど、私が何はなくともお正月にお雑煮をつくるように、細胞の記憶のように持たれていると感じます。
そういうものを、再発見し、表現したいと、近年考えてきました。
日本人の誇りを取り戻すということでもあるけれど、それは、精妙すぎるほどに精妙な感覚。
だからこそ、表現されるべきだと思っています。
小説でも、コラムでも、私の求めることの一系統に、確実にこれがあります。
今年も追っていきたいと思います。





« 年賀状 | トップページ | 恩寵2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今更ながらのコメントですが・・・
ウチの母の雑煮も、鶏ガラベースで三つ葉のあっさり雑煮です。
<母は秋田の生まれなんだけど
私もこのお雑煮が好きで、お正月、実家に帰ると必ず食べます。
我が家は大阪出身の夫に合わせて、白みそ仕立て。
具もニンジン、大根、里芋、豆腐などあれこれ入れます。
本来は丸餅で具もみんな丸く切るらいしけど<縁起よく
この正月、数年ぶりに自宅で過ごすことになった娘から、
"お雑煮食べたいから作っておいてね"とメールがきました。
千葉で生まれ育ったのに、あの子にとってのお雑煮は、
私が作る角餅の白みそのお雑煮なんだなと思うと、
なんか不思議な感じ・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562405/53649897

この記事へのトラックバック一覧です: 新年のご挨拶とお雑煮と:

« 年賀状 | トップページ | 恩寵2 »