« 今日やってきた言葉 | トップページ | 支えになっている言葉 »

2013年1月31日 (木)

文庫刊行のお知らせ:3月『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』

『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』のあとがきを、昨日書き終えた。
河出書房新社から3月に刊行される。
詳しいスケジュールが出たらまたアップします。
装丁は、『東京プリズン』と同じ、大好きな鈴木成一さん!
見本を見ましたが、う、うつくしすぎる!!!

あとがきはいつも、書きたいとは思う。

今まで読んでくださった、あるいは心で応援してくださった、すべての方にお礼を言いたい気持ちで。でも、苦闘する。
私は、なぜか、あとがきを書くのがかなーり苦手だ。なかなか書き始められず、書くと、書きすぎだ、と思う。

あとがきに書いたことを、少し。

「 あとがきを書くのは苦手だ。
 だいたい、校正刷り(ゲラ)を読むだけでも苦手なのに、どうして語らなければいけないという。ところが、書こうとすると、元が編集者とライターの両方で あった性(さが)で、作家に関する論考を発注されたと心身が勝手に理解(誤解)するのか、そのモードに入ってしまう。
あるいは「発見」や「再発見」というプロセスがとにかく好きなのかもしれない。そして不条理だがとにかく、書き終わるまでこのモードからは抜けられない。」

 そうか。書いてわかったが、そりゃ、苦手なはずだ(苦笑)。
 これも私の発見と再発見のプロセス。
 大事な体験をしました。

 『太陽の涙』は、文庫初収録。大国に翻弄され利用され「原発電気奴隷」にまでなる離島を当地の神話とからめて書いた話で、2008年にこれを書いたのは予言的、と言われたものの、今に至るまでさっぱり話題にはなっていない(笑)。

 ただこの話、本当は、単行本がいい!
 大島梢さんの絵、それだけで価値がある。
 明るすぎて冥(くら)い南の風景を、彼女ほど描き出せた人を知らない。
 貼っとく! 見てください!!!

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E6%B6%99-Coffee-Books-%E8%B5%A4%E5%9D%82-%E7%9C%9F%E7%90%86/dp/4000281739

 一人でも多くの人が、この単行本を手に取り、大島梢さんの絵に触れて何かを感じてくださること、岩波書店の「カフェ・ブックス」という美しい本のシリーズに気を留めてくださることを、願っています。

 この文章も、読んでくださる方がいることに、感謝します。

« 今日やってきた言葉 | トップページ | 支えになっている言葉 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562405/56665536

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫刊行のお知らせ:3月『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』:

« 今日やってきた言葉 | トップページ | 支えになっている言葉 »