« 12月21日 新聞夕刊記事のお知らせ(読売) | トップページ | 『ヴァイブレータ』新装版のお知らせ »

2013年1月 5日 (土)

あけました

親友にして腹違い種違いの実の妹(氣志團の名言)が、うまいことを言った。
「体内時計で生きてみると、やっと2013年がしみてきた感じ」

そうそう! 元日から4日くらいまでは、ひたすらぽかーんとしてる感じ、無な感じ。
だから、今のタイミングで言います。
みなさん、あけましておめでとうございます。
開けてきた〜。

昨年は『東京プリズン』への応援、ありがとうございました。
今年は、まず、2,3月ころに文庫がいくつか新装復刊します。『ヴァイブレータ』(講談社)『ミューズ/コーリング』『ヴォイセズ/ ヴァニーユ/太陽の涙』(河出書房新社)。
『ヴァイブレータ』以外は合本とあいなり、編集の妙味もたいそうおいしく味わえます(私自身にもかなりびっくりなおいしさでした。併せて読むと、意外なつながりがわかります)。

近い新刊は、講談社現代新書。メルマガで連載してきた戦後論であり、『東京プリズン』の思索編。タイトルは『愛と暴力の戦後とその後』(仮題)。

小説は、未刊行の走り屋小説を!まずは完成させます。走り屋小説....でありつつ、「人の意識とは何か、どこにあるのか」という話であります!
全国の乗り物好きのみなさん! 体感を愛する八百万(やおよろず)の民! 腕に覚えのあのひとこの人! 意識の秘密を知りたいと願うみなさん!
ぜひ、お楽しみに!!

« 12月21日 新聞夕刊記事のお知らせ(読売) | トップページ | 『ヴァイブレータ』新装版のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562405/56473363

この記事へのトラックバック一覧です: あけました:

« 12月21日 新聞夕刊記事のお知らせ(読売) | トップページ | 『ヴァイブレータ』新装版のお知らせ »