« 東京都初の住民投票 のその後 | トップページ | 記事のお知らせ »

2013年8月11日 (日)

【お知らせ】紫式部文学賞

8/7に、拙著『東京プリズン』に対して、紫式部文学賞をいただきました。

紫式部文学賞は、京都宇治市などが主催し、昨年の書籍が対象となっています。サイクルの目まぐるしく速いこの世の中において、稀有な賞であると思います。さすがは紫式部、スパンが長いです!

「私の文体のルーツは光GENJI(アイドルグループの。それと宮崎駿)なんです!」(本当)と言ってみたくて、ウルトラすべりそうで、まだ関係者には黙っているのですが、紫式部なら、笑ってくれそうな気もします。

以下に受賞の言葉の全文を載せます。本当に、妙なことを考えた変な作家だなあと、自分で思います。

(受賞のことば)

 世界最古の長編小説を書いたと言われる紫式部の名を冠した賞をいただき、光栄を通り越して恐縮するしかありません。紫式部が生きたおよそ千年前に、女性 の作家がいた地域、というだけで、世界でもきわめてめずらしいのだそうです。そういうことを、現代の私たちはもっと誇りに思っていいと思います。

 近現代史のタブーであった、天皇と、その戦争責任を小説で考えてみたいと、妙なことを考えてしまったとき、私の念頭にあったのは、実は、まさに光源氏のような存在でした。

 天皇は、古代や中世には、歌を詠み、美を求め、恋をする存在でした。いわば光源氏のようだったのであり、それと、明治以降の軍服を着て馬に乗った天皇の姿には、断絶があります。

 折しも、憲法の議論がさかんです。
 現行憲法の第一条から八条までが天皇の規定である(大日本帝国憲法と構成が同じ)ことは、案外見過ごされがちなことです。光源氏のようだった天皇を、どう使ったかというところに、明治のつくり方の秘密もあり、それは今でも私たちに影響を及ぼしていることです。

 今をうんぬんする前に、私たちは、断絶以前を知らなければなりません。私自身、その機会をいただいたようで、本当にありがたく思っています。

 紫式部文学賞は、昨年の書物を対象にしたもので、サイクルのめまぐるしい出版界において稀有な存在であると思います。私も、紫式部のようにと言ったら野望が過ぎますが、長く読み継がれるものを書く作家になりたいと思います。このたびはありがとうございました。

(了)

http://www.asahi.com/culture/update/0807/OSK201308070029.html
 
同作には今まで、この場でも、多くの応援をいただきました。心から感謝申し上げます。

« 東京都初の住民投票 のその後 | トップページ | 記事のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562405/57970353

この記事へのトラックバック一覧です: 【お知らせ】紫式部文学賞:

« 東京都初の住民投票 のその後 | トップページ | 記事のお知らせ »