« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

【TV出演】2015年1月2日 100分de名著 

1月2日、21:30よりNHK Eテレの『100分de名著』に出演します。通常は、一人が一冊を四回(合計100分)担当する番組なのですが、新春スペシャルということで、名著4冊の紹介者4人で一挙100分放映です。
そして、大きなテーマがこれにはあります。「日本人とは?」
曖昧に見える「日本人性」、それは何か、4人と、司会の伊集院光さん、武内陶子アナで探っていきます。
一出演者としても、大きな絵が見えてくるような感じと、曖昧さが曖昧さのままにくっきりしてくるような感じ(わかりますか? それがわかったのは、私には大収穫だったのです)に、ぞくぞくしました。
私にかなりよくわかったので、たいていの人にわかると思います。というのは、こういうとき私は、一般人代表だから。

「日本人性」が読み解ける本として、私は、大好きな折口信夫の小説『死者の書』を紹介しています。難解と言われる折口信夫ですが、思い込みを捨てて読んでください!と私は勧めています。歴史なんか知らなくても問題ありません。存在まるごとで出会ってください。するとびっくり、それは世界屈指の胸キュン小説です! 姫と一緒になって、死者にガチで恋をしてしまうような、そんな小説なのです。構造としては『エリザベート』とか『オペラ座の怪人』に似ていて、たましいを扱っている分、それらより懐が深いっ!日本人が誇るべき名作です!!! 必読の書です!!!

収録は、出演者のお一人である松岡正剛さんの事務所の一階「本楼」にて12月2日に行われました。「CGじゃありません」と伊集院さんが断りを入れるような、うっとりするほどの本の楼。
写真前列私の左が松岡正剛さん(編集工学研究所)。後列左から斎藤環さん(精神科医)、伊集院光さん(ファン!)、武内陶子アナウンサー(かわいい☆)、中沢新一さん(人類学者)。先生方、豪華です☆

日本人とはなんでしょう!? 今まさにアクチュアルな問題でもあります。見てのお楽しみです! 1月2日 21:30からEテレでの放映です。
Img_0918

2014年12月18日 (木)

「天声人語」に載りました!

朝日新聞の「天声人語」に私の本が取り上げられました。
「天声人語」に載るのが夢だったので、うれしいです。

どこにも誰にも属さない、だからこそ開かれた空間。
そういうものが、人間には必要なのだと、ずっと思っています。
お金や、利権ほどには目に見えないけれど----それらだって、本当は実体なんかないのだけど----、「存在」にとってなくてはならないものがたしかにあり、なくしてはいけないと思っています。
そういうものを捨て値で売り払ってきた時代と社会に育って、生きてきて、切にそう思います。

http://www.asahi.com/articles/ASGDH3D0JGDHUSPT008.html

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »