日記・コラム・つぶやき

2012年11月29日 (木)

毎日出版文化賞授賞式のこと

毎日出版文化賞の授賞式が、昨日ありました。

家族、懐かしい人たち、新しい友だち、心の兄弟姉妹、先生たち、私のアイドルたち、さして若くもない若気の至りで喧嘩別れしたことを互いにずっと悔やんでいた人たち、昔私 がその背中を見ていた人たち、いろいろな人が来てくれた。

なんだか、有り難くてもったいなくて、夢の中の同窓会みたいだった。

2011年12月25日 (日)

恩寵

私が人生の師と思い定めている人が、最近言った名言を、これを読んでいる方に贈りたいと思います。
師は、私がこの人生を通して取り組むあることの、師です(前のコラムに出てくる物書きの師とは別の人です)。

 「答えが出ないような状況に入ったときこそ、恩寵が降るチャンス。

 答えを出そうとすると、恩寵は流れる」

この言葉は、私の支えとなっています。

すべての人に、恩寵の降る聖夜でありますように。